読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏路地

Z軸をへし折る音が今日も響く

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE 〜ORIGIN@L STARS〜

THE IDOLM@STER SideM

 

みなさんおはようございます。お疲れ様です。 

 

ふと思い立って、感想が書きたいがために場所を設けました。

今後活用するかは別として、少しでもこの気持ちを残すべく勢いに任せております。

宜しくお願いします。

 

さて、挨拶もそこそこに欲望そのままに本来の目的へ入らせていただきます。

私は説明するのとか、段取り良く話を持っていくのが下手くそなのでご了承の上進んで頂けると幸いです。

配慮していくつもりですが、読みにくかったら申し訳ございません。

 

この場を設けようとした事の発端は今月、去る11日・12日に幕張メッセイベントホールにて行われましたTHE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE 〜ORIGIN@L STARS〜というライブになります。

今、自分がメインとして推しているコンテンツのライブなのですが、これがもうすごくて。

自分の中にこんなに熱量が溢れるのだろうかと思うほど感動して今このザマです。

自分は1日目は現地の幕張、2日目は南船橋ららぽーとのライブビューイング(以下ライビュ)にてお仕事*1させていただきました。

SideMのコンテンツに関しましては、思いとかいろいろ細かいお話などあるのですが、言いだしたらキリがないのでそれはまた別の機会にとして、今回は純粋に思ったままの感想を残せればなと思います。

 

以下は個人的な趣向の入り乱れた感想になります。レポではないです。 

注意点としては、

ユニット別、曲別で書いています。セトリとか全然気にせず書いてます。

演者さんをキャラクターの名前にてお呼びさせてもらっています。

正しい記憶がないので覚えてるものと覚えてないものの差が激しい、また幻覚を見ている可能性があります。

推し、担当によって見方の贔屓があからさまな場合があります。

こんなにかしこまって書いてない。無法地帯。

恐らくコンテンツが少し理解できている方でないと意味がわからないかと思いますが、「あぁ気持ち悪いオタクが頑張ってんな」くらいに思っていただけると幸いです。 

それでも宜しければ読んでいただけると嬉しいです。

熱量が伝わる事第一で書かせて頂いたので、誤字脱字もスルーしてくださると助かります。きっと、そのうち直すとは思うので。

 

*1:ライブ参加。この表現は共通なわけではありません。たぶん。

続きを読む