読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏路地

Z軸をへし折る音が今日も響く

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE 〜ORIGIN@L STARS〜

 

みなさんおはようございます。お疲れ様です。 

 

ふと思い立って、感想が書きたいがために場所を設けました。

今後活用するかは別として、少しでもこの気持ちを残すべく勢いに任せております。

宜しくお願いします。

 

さて、挨拶もそこそこに欲望そのままに本来の目的へ入らせていただきます。

私は説明するのとか、段取り良く話を持っていくのが下手くそなのでご了承の上進んで頂けると幸いです。

配慮していくつもりですが、読みにくかったら申し訳ございません。

 

この場を設けようとした事の発端は今月、去る11日・12日に幕張メッセイベントホールにて行われましたTHE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE 〜ORIGIN@L STARS〜というライブになります。

今、自分がメインとして推しているコンテンツのライブなのですが、これがもうすごくて。

自分の中にこんなに熱量が溢れるのだろうかと思うほど感動して今このザマです。

自分は1日目は現地の幕張、2日目は南船橋ららぽーとのライブビューイング(以下ライビュ)にてお仕事*1させていただきました。

SideMのコンテンツに関しましては、思いとかいろいろ細かいお話などあるのですが、言いだしたらキリがないのでそれはまた別の機会にとして、今回は純粋に思ったままの感想を残せればなと思います。

 

以下は個人的な趣向の入り乱れた感想になります。レポではないです。 

注意点としては、

ユニット別、曲別で書いています。セトリとか全然気にせず書いてます。

演者さんをキャラクターの名前にてお呼びさせてもらっています。

正しい記憶がないので覚えてるものと覚えてないものの差が激しい、また幻覚を見ている可能性があります。

推し、担当によって見方の贔屓があからさまな場合があります。

こんなにかしこまって書いてない。無法地帯。

恐らくコンテンツが少し理解できている方でないと意味がわからないかと思いますが、「あぁ気持ち悪いオタクが頑張ってんな」くらいに思っていただけると幸いです。 

それでも宜しければ読んでいただけると嬉しいです。

熱量が伝わる事第一で書かせて頂いたので、誤字脱字もスルーしてくださると助かります。きっと、そのうち直すとは思うので。

 

 

DRAMATIC STARS

  • STARLIGHT CELEBRATE!

1日目最初と2日目最後に歌われたらこれは泣かざるをえない。散々1st*2で涙腺がお世話になった曲なのですが今回も判定ガバガバで泣いてしまいました。演出にちゃんとお金がかかるようになったからか、感動も大きくて。お星様を描く振り付けがあるのですがスクリーンと連動して、描いた線がちゃんと星になる演出(伝わってほしい)がとっても綺麗でした。俺たちが星になる、星を描くんだ!って!やっぱりスタートの曲なんだなって思いました。2日目に最後に歌ったのも、ここからまたスタートだからな!って気持ちで聞きました。まぁ涙するよね。

  • DRAMATIC NONFICTION

個人的に、とても個人的になんですけどストイックな大人な色気を感じる曲だなと思っているので(ムンナイとは別の色気)好きです。サビの振り付けで頭抱える?みたいなところあるんですけど、あそこ超好きだなんですけど同意してくれる方署名お願いしたいです。あとモニターに、それぞれのアイドルの影?シルエット?がこう、カッコよく表示されて、ソロ部分はちゃんとアイドルの個人カラーになってる感じの演出がカッコよくって。あと最後に飛ぶぞ〜!って言って一回転するの超カッコいい。ノンフィクションのかっこよさ。

  • MOON NIGHTのせいにして

月が…綺麗、ですね……。満月の夜だったのが憎いです。初めて生で見たんですけどあれは月夜だけのせいにしていいのか?月夜のせいだけではないのではないか?天道輝は相変わらずのガチ恋勢殺しなんだなっていうのがあの幕張でわかりました。ありゃ幕張を抱ける男だ。桜庭薫は音源より熱量が高くなっていてキレのいいダンスも相まって奪う気満々な感じがSo good。柏木翼は音源だけで聞くと可愛い〜♡なのに振りがつくと一気に成人男性の色気をカンストさせてくるので例えるならウイスキーボンボン。踊りがすごくいやらしいしけしからんです。キスするような振り付けやゆっくり動くような振り付けやらは女の本能に響きます。やはり奪う男たちでした。逮捕です。

  • THE FIRST STAR

ソロコーナーの初っ端がこれだったので驚きを隠せないまま聞いてました。天道輝は立派な一番星だよ!!朱雀と隼人がバックダンサーなのもめっちゃ頷けたし何よりかっこよかったです。これはいいフィジカル曲。迷いなんか吹き飛んじゃう不思議な力がありますね。ヒーローってそういうことだと思います。でも正直ソロコーナーがある驚きと感動であんまり覚えてない。

  • Because

神秘が広がりすぎててあんまり覚えてない。モニターに曲名が表示されてだ、誰の…?って思った瞬間にモニターの前に颯爽と現れる桜庭薫。バックダンサーはいなかったのですが、1人で歌うのがまた薫さんらしさあったと思います。余計なものはいらないあるがままの僕の歌で勝負だ、って感じが。わりと激しくダンスをすることに定評があるので今回も例に漏れずでした。ユニット曲でもそうなんですけど、薫さんって優しい声なのに力強く雄々しく歌うんですよね。男性、って感じがたまらなく好きです。曲終わって颯爽と去っていく姿がとっても素敵でした。あれは切り拓く男だよ。

  • 約束はドリーミングフライト

心のオアシスしかいないステージをありがとうございます。ピエールとロールがふわふわ待ってる真ん中でふわふわ舞う柏木翼!これ20越えの人の歌なんですけどね!おかしいな!妖精しかいないぞ!飛行機みたいにブーンってする振り付けとかくるくる回ったりお前本当に成人男性か〜?って可愛さが随所に目白押しでした。今私の願い事が叶うならば翼が欲しい。ハブアナイスフライト〜〜!!

Altessimo

  • The 1st Movement ~未来のための二重奏~

思った以上にダンスが激しくてびっくりしました。でも他のユニットと違って、歌を脚色するためのダンス?っていうか、歌とダンスっていう構成ではなくて、歌のためのダンス…みたいなニュアンスに感じたのは私の贔屓目だと思います。優雅さとしなやかさが最高にお上品です。鳥みたいにしっかりと芯がある舞い方ではなくて、ちょっと触れたら壊れそうな危うい蝶が舞うイメージがありました。2人が歌ってる後ろのモニターで音符が舞っているような演出があったのですが、2人から音楽が溢れるんだと言っているようで無形文化遺産にしたい。あと羽が舞う演出がめっちゃ良かった!って思ってたんですけどそんな演出ありませんでした。そうそこは地上の楽園(エデン)。

  • Never end「Opus」

これも思った以上にダンスが多いのと、ミュージカルを見ている気分になるくらいの演出の素晴らしさ。担当P息してるんですかね、これ。広いステージの上で迷う2人が切なかった。これは悲劇か?いいえ、奇跡です。初めて音源を聴いた時から2人の葛藤が現れた歌だろうなということは重々承知の上で聞いていたのですが、音源だけの時とは違う空気がひしひしと伝わってきました。ラストの方にお互いに向き合って歌う所があったのですが、距離が思った以上に近くって、でもそれほど近くでお互いの音だけを確かめ合うようで。胸が締め付けられました。私はこれで一番泣きました。

FRAME

  • 勇敢なるキミへ

モニターに青空が映っていて、とっても綺麗な青空で。そこに指す緑色が綺麗で。気づいたらそこには白いツナギを着たいい男が立っていました。モニター青空だし、客席緑ペンラだし、すごい壮大な大地にいるような気分でしたね。少年漫画アニメのオープニングって感じ。3人ともダンスがキビキビッ!としてておっさすが国家公務員!って思いました。(?)守りたいんだ〜のところで支えながら持ち上げる?振り付けがあるんですけど、あれすごい心強いです。力強さ感じます。一家の大黒柱、って感じがします。記憶違いだったらすみません。カッコよくて強いって、たぶんこういうことなんだなって私は思いました。

  • MISSION is ピースフル!

ここら辺で冷静さを失い始めます。トロッコダー!ボール投げてるー!なにこれジャニーズか!アイドルか!でもめっちゃ怖そう!パンケーキあげたい!振り付けとかはないからひたすら笑顔で手を振ってボール投げて、って交流を大切にしながら歌ってくれてる所がフレームっぽいです。後で「すごい怖かった」みたいなこと言ってたけど全然そんなの感じなかったしやっぱアイドルってすごい。ありがとう。座席が3階席だったのですが思ったより近いところまで来ていたのでビックリしました。龍くんが一番近くで見れたんですけど、ちょいちょい1人ずつ指差して見えてるぞ〜みたいにしてるのあれやられて落ちた人何人かいるでしょ。元消防士なのに火を撒き散らしてたでしょ。

  • Happy-Go-Unlucky!

これね~…死ぬほど可愛い………んですよ……。アンラッキーなんて吹き飛ばしちゃうし悲しい君の顔も吹き飛ばしちゃう!っていう龍くんの前向きさが伝わってきて。身体全体で歌ってる感じがして応援したくなる気持ち。母性が溢れる。笑顔がまぶしい。バックダンサーがうろ覚えなんですけど、麗さんとクリス?でした?ほんわかって感じしますよね。すごい平和空間だった。曲の最後転んだ演出がさすがだなー!って感じでした。

 

神速一魂

  • バーニン・クールで輝いて

熱い男は嫌いじゃない。むしろ大好き!神速さんは体感温度が一番暑かったです。ちゃんとにゃこさんのお声も聞けてよかったです。朱雀くんのガン飛ばす顔めっちゃ好きです。お前らついて来れんのか?みたいに会場を何回か見回してるの最高だった…。最後のサビあたりで2人が腕絡めて?組んで?向き合って歌う演出最高でした。その時客席に背中向けてたんですけど、男は背中で語るんだって感じで最高に熱くてクールだ!って感じたんですが記憶違いだったら申し訳ない。あとモニター演出がデコトラを彷彿とさせる感じにゴッテゴテな感じなのたまらなく神速だった。ヤンキー上等!

  • オレたちの最強伝説 ~一世一代、破羅駄威棲!~

宣誓!のセリフでキター!って騒ぐ暇もなくオラオラ〜〜〜!!!!って特攻されてこちらは満身創痍です。さすが伝説の特攻の玄武さんがいらっしゃる神速はちげぇや。間奏部分がライブ特別バージョンといういきなりの神演出に驚きを隠せないまま叫びまくったことは覚えてます!会場に呼びかけてくれる演出好き!一生ついていきます兄貴!!でも必殺技出すときのスモークすごくない?頑張りすぎじゃない?あれ単純にビックリした。

 

Legenders

  • Legacy of Spirit

曲がめっちゃ好みなんで前奏が始まった瞬間に動揺でペンライトを落としかける。最初のギターのとこで壊れた機械みたいになってたのすごいぽいな、って思いました。(伝わらなくて申し訳ない)結構激しめなダンスだった気がしますけど記憶がこちらもほぼないので定かではないです。当方は雨彦の女なので主に雨彦さんしか見てなかったんですけどちょいちょい陰陽師ポーズしてたでしょ。唯一覚えてると言ったら後半の「さぁ、」って呼びかけの部分でCDジャケットのように手を差し出す所が、一緒に行こうと言っているような気がして、本当に本当にデビューできて本当に良かったねって泣きました。静かに泣きました。慌ただしくデビューしたけどあなたたちはこれからなんだよね。新人とは思えない貫録でした。キャストコメントの時に「怖かった」と言われて、そんなの1ミリも感じなかったし、怖くても最高のステージはキッチリと見せる姿がもう、生きる伝説なんじゃないかな。上手い事言えないの申し訳ない。

腰についてはみんな言ってるから省く。いやでも雨彦さんダメだろうって。この煩悩を掃除してくれって思ってる人絶対いっぱいいる。そらくんが「持ってるんでしょ?」のところで階段に座った瞬間に蘇る雪の王様。そうだ…あなたは…王…。(静かに息を吸った)あと演出でレーザー?での糸みたいなのを天井とかに写してる演出がカッコよくて「ああ、糸」って語彙力の欠片もない感想をだだ漏れしてました。天井の演出もすごかったんですよ、覚えてないけど。3人で向かい合って?歌うみたいな所あったと思うんですけど、ちゃんとレジェにも絆が生まれつつあるのかな、なんてちょっと安心できた瞬間でもあった気がします。まるでレジェPみたいなこと言ってますけど私は雨彦の女です。

 

  • 喝彩!~花鳥風月~

私の見間違いでなければヘッドマイクだった。扇を持ってるからマイクが持てなくて、だと思うんですけど。優雅なおもてなしでした。扇を閉じたり開いたりして優雅に舞ってた。扇で顔を隠す?みたいなのありましたよね。彩って色気もあるんだなって思いました。雅で風流で、でも強かなんですよね。キリッとする顔もすばらしい。あと全員の身長のバランスがすばらしいなとつくづく思いました。

  • 和風堂々!~WAnderful NIPPON!~

合いの手めっちゃ楽しい。和風なんだけど雰囲気がめっちゃ変わりますよねこれ。おもてなしはもちろんなんですけど、日本の文化ってこんなに楽しいんだよ!って伝わる気がして。Bメロの春は〜って春夏秋冬に分かれる歌詞部分で、モニターに花火が映ったり紅葉が舞ったりの演出が日本の四季を重んじるっていう歌詞にぴったりでした。盆踊りの振り付けとかあった気がします。あとくろーくんがにゃんすに眠らないでください!のところでにゃんす起こすのめっちゃ可愛い。宇宙のぱわーを~のくだりもいつもどおりの彩ってこんな感じなのかな、ってクスクスっと笑いました。

  • だいぶ・いんとぅ・にゅ〜・わあるど!

幕張が宇宙になった瞬間。みんなきっと宇宙のパワーをきゅぴぴんしてたはずです。だから記憶が半分くらいない。春名と大吾のダンスもめっちゃびっくりしたけど宇宙ならこういうこともありますよね。個人的には笑って、笑って、笑ってほしいでにゃんすよ〜って所が大好きで、なんだかみんなに呼びかけるように聞こえていっそう愛おしくなりました。終始お手手が猫だった。ぴょんぴょんしてた。モニターにはいつもの猫さんがいっぱいで賑やかなステージでした!

  • 流るゝ風の如く ~和敬清寂~

ソロあるんだ!?!?!って驚きで動揺してました。ダンスというよりかはゆったりとした演舞みたいな…動きはそんなになかったと思います。モニターとかには竹林が映ってたから、静かな竹林にひっそりと佇むお茶室ってイメージでした。しっとりと風流なお時間でした。結構なお手前で。歌詞を間違えたって言ってたけど全然わかんなかった…真面目…。あとおめめ赤い隈取りは色気やばいなってこの時に気付きました。

優雅in幕張。旬と都築さんがバックダンサーやってんのあ〜〜〜うんうんワッカール!ひらひらの振り付け最高〜〜〜〜!!優雅〜〜〜〜!!っていう謎のテンションでした。多分優雅すぎて酔っていたんだと思います。でも確かコメントで「翔真さんの夢見た舞台の真ん中に立てて」って言われて涙腺が優雅じゃないことに。ステージの上の蝶はとても優雅で気品溢れるアイドルでした。

 

F-LAGS

  • 夢色VOYAGER

事前物販で旗買ったのに忘れたバカはここです。旗持って振り付け踊るのかっこよかった!ちょいちょい客席に向かって旗を指すのとってもいいです!狙い撃たれる!おっ船上のスナイパーだ!最後にCDジャケと同じように大きな旗を持ってポーズするのめっちゃかっこよくって惚れ惚れしました。堂々と出港してる姿は誇らしいし、どんな嵐だって超えちゃうんだろうな。六代目が間奏部分でボスー!って呼んでくれたの一生忘れない…と思ったけど呼んでなかったかもしれない…。記憶が危うい。

  • With…STORY

泣きすぎて記憶がほぼない。目が溶けるかってくらい涙が止まらなかったぞ。ペンライトのトリコロール、綺麗でした。

 

High×Joker

  • HIGH JUMP NO LIMIT

記憶がびっくりするほどない。嬉しすぎて泣いてたから記憶がびっくりするほどない。なんか最後の方でギターソロとかピアノソロの所でモニターに楽器とか出る演出もあった気がする。「心で頷いて、テレパスするみたいに」が現地で聞けて、担当として幸せでした。輝くハイジョがもっと見たいなと思いました。

  • JOKER↗オールマイティ

記憶がびっくりするほどない。(二回目)タオル回すのは忘れなかったはず。ファスライよりはみんな横一列で踊ってるのが多かったかな…?校舎裏には猫さんが猫耳になってたのはみんな言ってると思うけど私も言いますね。可愛いの塊でした。できないことなんて、ないよ!

  • OUR SONG -それは世界でひとつだけ-

5人がスタンドマイクで歌っててフレッシュネスなアイドルがこんなしっとりした歌い方を覚えたのか…!と思った記憶があるけどもしかしたら違ったかもしれない…。四季のマイクを両手で包み込む仕草可愛かったです。モニターに過去のイベントカードイラストとか学校の絵とか出てきて、まるで走馬灯のように綺麗に流れるものだから死ぬの?って思った。私が。一番最後にみんなで肩組んで集合写真みたいに曲を〆たずるいからあれ合唱曲にしてほしいです。

  • サイコーCOUNT UP!

歌うと思ってなかったので!?!?!?!?!?ってなってた。英雄さんと信玄さんとそらくんがバックダンサーで1人だけなぜか3人も引き連れてたんだけど、それでも負けないくらい飛び回るし楽しそうだし。俺がバックダンサーも客席も笑顔にするぜみたいな心意気を勝手に感じて勝手に泣いてた。最後の「いっせーの、315!」でマイクを客席に向けてくれたのはカリスマボーカルです。あとみんな言ってると思うんですけど「難しそうなことはニガテ」の「ニガテ」でめっちゃ笑顔になるの本当伊瀬谷四季でした。

 

(ここまでが1日目。以下2日目なので、ライビュ視点になります。)

 

Beit

  • スマイルエンゲージ

おいおいおいおい三人の後ろのモニターでお城への門が開く演出考えたの誰だよおいおいおいおい。お城出してきたの誰だよ。この中でシャルウィーダンスしてんの?ここにおいで?行く!!!!!って感じでした。2日目のトップバッターがこの曲ってすばらしいおもてなしじゃないですか?でもこの曲はお姫様になるしかないんですよ。白い薔薇がひたすら舞うんですよ。(舞ってない)最後のほうの歌詞の花を咲かせよう~のところでお城がピンク色になるの、演出を大切にしてくださってる感じすばらしいです。あそこの演出担当もしかしてみのりでした?

  • 想いはETERNITY

カッコいい王子様だな、くらいしか記憶がない。モニターに過去の話やらが出てくる演出、ライビュだと少ししか見れなかったんですけど…アレで心が締め付けられました…。心が痛い歌。でも乗り越えてる歌ですからね。戦う王子様はかっこよかった。

  • Fun! Fun! Festa!

浮かれろテン…カエール!!!「カエールも一緒だよ!(台詞曖昧)」みたいな感じで出てくるカエール。すごい鷲掴みされてたけど実際ピエールもあれくらい掴んでそうだなってちょっと思いました。さっき王子様してた奴らがこんなハッピースマイルな歌をノリノリで歌うんだから315プロってすごいんですよ。ノリノリの鷹城恭二かわいいですよね。これは完全な贔屓目です。ふんどしは各所で言われてるから省きます。サビに肩に手を置いて踊るの可愛かったですね。みんなも踊って〜!って言ってたのはみのりかな。言ってましたよね。言ってましたよね…?

  • Flying Hawk

歌うと思ってなかったので!?!?!?!?!?ってなってました。(1日ぶり2回目)後ろに野獣を二匹背負う鷹は強い。でも正直これも記憶がほぼない。(鷹城恭二推しです)最後に空を飛んでく鷹を見送るような視線の送り方に鷹城恭二の野心を垣間見た気がしました。

 

W

  • VICTORY BELIEVER

キックオーフ!を叫ぶのがめっちゃ楽しいです。振り付けが少し変わってましたね。1stの時に出すのを忘れていたレッドカードを今回は忘れなかったみたいで「楽しまないとレットカードだよ~!(台詞うろ覚え)」とされた瞬間によかったね!よかったね!と母親の気分でした。うちの子よくできました。歌の最後にモニターに向かってキックしてシュートが決まるのさすがだったよ。ナイスシュー!私の心にナイスシュー!

  • Pleasure Forever...

トロッコダーーーーーー!(2日目のトロッコ枠)フレームの時と違ってお互い両端から出てきて、ぶつかったとこでトロッコを乗り換えて別々に帰って行ったのが前日と違う演出で面白かったです。2人ならではでしたね!歌詞間違えは楽しくってしょうがないんだなって、Wっぽくて可愛かったです。客席よりも自分たちが楽しんじゃうって感じの2人が好きだよ!ボールは投げるより蹴る方が得意なのによくファンサをがんばってくれたな、って思いました。

  • LEADING YOUR DREAM

泣きながら…振り付け激しいな…って思い出くらいしか…。これ個人的にすごい好きな曲でして。Wの2人だからこそ歌える歌だと思うんですよ。お互いにお互いを見てたから歌える曲だと思うんですよ。2人で辛い事を乗り越えて、2人でステージに立ってるからこそ。そしてその背景を思うと泣いてしまうんや。正直に言います。本当に覚えてないです。涙で前が見えてなかったです。

 

S.E.M

  • ∞ Possibilities

光線銃持ってるじゃん撃ってーーーーーー!!!(実際に叫んでいた)むしろ売って!!!っていう始まり方でした。光線銃のおかげでサビ最後の撃ち抜くところで本当に撃ち抜かれる。これ円盤覚悟しておいたほうがいいかもしれないです。ダンスのキレも相変わらずで、道夫も相変わらず超えてました。100点満点です。

  • Study Equal Magic!

もふもふボックスから出てきたからびっくりいんざぼっくす。出オチってこういうことなのでしょうか、先生。振り付けはそんな変わってないけど、白刃取りがなんか変わってた気がしたんですけどあれなにしてたんだろう(記憶欠如)道夫が2人を制してた気がしなくもない…なんか力解放してた?覚えてないんですけど…?次郎ちゃんがまいたるおんぶしてくるくるしてたのは覚えてます。可愛すぎて。

  • サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday

前奏で叫んだ。(何度だっていう)これも腰案件でしたね。っていうかこれみんなそれぞれ切なそうな苦しそうな顔するのずるい…。ダンスをしっとり踊るのずるいでしょ。この時だけ幕張は8月31日の夕暮れでした間違いない。悔やむように頭を押さえて首を振るまいたるも端っこの柵に寄りかかってバルコニーみたいに黄昏れる次郎も見逃さなかったですからね。道夫は相変わらず真面目に丁寧に歌っていたな。あれはサヨナラをちゃんと告げた顔でした。演出でモニターがセピア色になってるのがライビュだと少ししかわからなかったので円盤確認したいです先生。もうそんな女さっさと忘れてよ…私なら愛すのに…!って夢女になった人は正直に教えて欲しい。私です。

  • GOLD 〜NO.79〜

これもみんなが言っているので道流と神谷の腰は省きます。次郎ちゃんがしてた首のフサフサ?ファー?初期のラグフェアみたいなやつ(例えが古い)がめっちゃイメージ通りだしミラーボール回ってんの最高だったしスタンドマイクで歌ってんのはもうスタンドマイクになりたいしか言葉が出なかったですね。あとあの人色気すごいのな。お手上げです。ピンクと黄色が入り混じったペンライトが綺麗でしたね。あなたの目に映った光り輝く黄金の海はどう見えたのでしょう。

 

THE 虎牙道

  • 強く尊き獣たち

めっちゃかっこいいやん。大地を蹴り上げるやん。パフォーマンスがすごくて正直覚えてないです。歌が始まったらそこはライブ会場ではなく、リングでした。そう、私たちの戦いは始まっていたのです。(と思い始めたあたりで曲の1番が終わる)ちょいちょい喧嘩しかける演出がとてもフィジカル全開で素晴らしかったです。個人的に一番パワフルで圧倒された。どストレートの重いパンチくらった感じ。あと道流さんの声すごいなって思いました。

  • 情熱...FIGHTER

めっちゃ動くやん。こちらもパフォーマンスがすごくて正直覚えてないです。手ェ叩け!の煽りが聞けて嬉しいです。まあまあ落ち着けは覚えてる。湯切りあったのは覚えてる。跳び蹴り?ありましたよね?タケルは拳中心の振り付けだったかな、というイメージがぼんやりありますが真相は闇の中です。全体的に野生感が強くて、かっこいいとはまた別の魅力があった気がします。一番妥当な言い方で言えばワイルドですかね。すみません適する言葉を知りません。あと漣くんが自由に飛び回ってるのは覚えてます。完全にノックアウト。TKO。タオル投げます。

 

もふもふえん

  • うぇるかむ・はぴきらパーク!

メェメェとピョンピョンとガオガオの合いの手をあんなに叫ぶのは世界でこれだけだと思う。しろーくんが、次は俺の合いの手だぞ!みたいに自分を指差して煽るの超可愛かったです。演出でバルーンの木とキノコが現れてるの可愛しモニターにも風船いっぱいだったしまさにファンシーの具現化。だるまさんが転んだみたいな振り付けでなおくんが「だるまさんが〜」って鬼をやってる後ろで、真面目に楽しむしろーくんと途中で他の場所に行って遊び始めるかのんちゃんがめっちゃ無邪気。みんな〜ごはんよ〜って言いたかったです(?)

  • もっふ・いんざぼっくす♪

尻尾がチラリするたびに高鳴る鼓動は恋なのか母性なのか。洗練されたお遊戯会ってイメージです。バルーンのプレゼントボックスに(まぁここにはおじさんが入っていたわけですが)ちっちゃくなって入ってるみたいな演出すごい可愛いかったです。ステージの上をちょこまか動くのも可愛かったです。だーれだ?の所で三人で目隠ししてるのめっちゃ可愛いし本当にそういうのやってそうだなって。しかも次の曲がS=Mで鐘がなったら「授業の時間だー!」みたいに去っていくのあれ演出考えた人に油田あげたい。

 

Cafe Parade

  • Café Parade!

振り付けがめっちゃ可愛い。美味しいお紅茶とケーキをサーブしているような振り付けが多くてカフェ感が強かったです。Bメロで一列になってそっから歌いながら自由に散っていくのめっちゃいい。(伝わらなくて申し訳ない)まさにようこそ、ってされてる。オシャレなおもてなし。優雅。でも振り付けをよく見ると個性がちゃんと出てて、特に咲ちゃんは手を差しのばす振り付けが1人だけ両手で可愛らしくとか、ちゃんとあるがままの踊りが完成されている感じがカフェパレードだった。素晴らしいパレードでした。

  • À La Carte FREEDOM♪

劇団○季のミュージカルかな、というレベルの演出の凝り具合。セリフも多めだし立ち位置がコロコロ変わるのが良かったです。ダンスっていうか演劇に近い。アスランとロールのやり取りは2人が前に出てる、咲ちゃんと東雲さんのやり取りのところは他3人が後ろで合いの手とか、神谷が北に行こうと後ろ向いたら4人で「そっちは南〜!」とか。最後にモニターに赤いカーテンが表示されて、それが閉じて華々しく終幕する演出も相まってやはりひとつのミュージカルでした。これはブラボーしか言葉が出ないしブラボーと無意識に叫んだのは私です。

  • フェイバリットに踊らせて

可愛いのが来たと思ったら後ろに道夫とまいたるで動揺が隠せないまま王女のお気に召すまま手の平で踊らされた感じです。ストーリー仕立てな振り付けに釘付け。詳しくは円盤で確認したい。終始可愛いでコーティングされました。女性アイドルコーナーってあったっけ…と勘違いをしそうなくらい。でも、咲ちゃんが夢見た可愛いの世界がそこに広がっているのかなと思うと嬉しかったです。なりたい自分になれてるかな。すごい爆弾の威力だったよ。

  • Piece Montee

咲ちゃんソロの爆発で若干頭に入らなかったが卵を二つ割ったことはわかる。私はこのソロで東雲の女にされたから正直破壊力しかありませんでした。すごい優雅に舞うんですよね。ボウルの中で踊る泡立て器とクリームのようにふんわり優しく舞うんですよね。バックダンサーのWがめっちゃ可愛いくって、一緒にケーキを作るっていうより、ケーキまだ?まだ?って感じで後ろにいるのかな、と微笑ましかったです。最後に3人でケーキを食べる仕草の愛おしさを後世に語り継ぎたいですね。

前奏部分でローブをかぶった3人が登場、ローブを取ったらアスランと…さ、サタン〜〜〜!待ってたよ〜〜〜〜!!召喚されたんだね〜〜〜!!!それ以降は黒いローブで黒魔術召喚する感じっていうイメージしか残ってないです。ダンスというダンスじゃなくてオペラに近かったかも。あんまり動いてなくて、バックダンサーのみのりとなおくんの方がわりと動いてたかな?というイメージ世界観の作り方完璧。スモークもくもくえんでした。

 

 

以上になります。馬鹿みたいな文章を読んでくださってありがとうございます。

本当は全体曲*3やアニバ曲*4とか、MCとか発表のことに関しても色々感想はあるのですがこれ以上長くなるとさすがに…と思ったので、今回はユニットと個人のライブパートのみで。

好きに書きましたが、また円盤が出たらちゃんと一つの項目ずつお話をしたいです。たぶん、間違っている所とか多いと思うんですよ。記憶補正で。

でも、やっぱり現場で感じた熱はそのまま残して起きたくて、記録として残しました。走り書きしました。もうへとへとです。後半なんてほぼ勢いでしか書いてません。

でも、もし知らない方が、もしもですが、これを気に興味を持っていただけたら、嬉しいです。

 

あー、つかれた。すっきりした。プロデュースってサイコー! 

以上、失礼いたしました。

 

*1:ライブ参加。この表現は共通なわけではありません。たぶん。

*2:THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE〜ST@RTING!〜のこと。一番最初のライブ。円盤発売中。

*3:「DRIVE A LIVE」と「Beyond The Dream」という全員で歌う曲があります。

*4:THE IDOLM@STER SideM 2nd ANNIVERSARY DISCのこと。詳しくはWikiさんへ。